体調管理が健康体の礎|腸内環境が鍵を握っている

身体にとって必須な成分

魚

不足し易いオメガ3脂肪酸

体に必要な栄養素のうち、不飽和脂肪酸という物質は、細胞膜を作るなど、人体にとって基本的な働きをしている大事なもので、不足すると色々な不調や症状が現れます。そのうち有名なのが、オメガ3脂肪酸であるDHAとEPAという成分です。オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸は体内で作ることができないため、食事で摂取する必要があります。オメガ6脂肪酸が多く含まれる油は種類も多いので簡単に取れますが、オメガ3脂肪酸の方は量も種類も少ないため、意識して取らないと不足してしまいます。DHAやEPAが多く含まれるのは食品の油なので、取り過ぎるとエネルギー過多になって太ってしまうことも考えられます。そこで、DHAやEPAはサプリを利用すると効率よく取れます。

効率がいい錠剤の選び方

DHAとEPAは一緒に取るのが効果的で、サプリでも両方が配合されているものが多数です。マグロやイワシなどの魚に多く含まれていますが、これらは熱に弱いため、生魚でないと効率が悪くなり、加熱した魚だと大量に食べてもまだ一日に必要な量に足りないという状態がほとんどです。そのため、サプリではDHAとEPAを合わせて一日500mgを目安に摂取するのがいいとされています。サプリは効率的ですが、酸化しやすいことがデメリットの一つなので、酸化防止になる成分が入っているのが良いサプリになります。酸化防止になるものはビタミンEやセサミン、アスタキサンチンという物質があり、これら自体も健康にいい成分なので、一緒になったサプリを選ぶと一石二鳥です。