体調管理が健康体の礎|腸内環境が鍵を握っている

腸を元気にする大切さ

女性のお腹

お腹の調子を悪くさせない

すべての病気や体の不具合は、お腹の調子が悪くなることから生じると言われるほどです。なんとなく体調が思わしくないときは、お腹が痛い、便通が悪いなどの症状を伴っていることが多いでしょう。腸内環境が悪化していると感じたときは、腸内バランスの乱れを第一に考えるべきです。腸まで届く乳酸菌を配合したヨーグルトやオリゴ糖を摂取する方法も効果的でしょう。腸内環境が乱れているときは、悪玉菌の勢力が大きくなっていますから、これを中和するために善玉菌を増やしていく必要があります。便量が少ないと感じる方は、食物繊維が不足している可能性があるので、これを補っていきましょう。野菜や豆類をたくさん食べるようにすると、多くの食物繊維を摂取できます。行き届いた体調管理が健康体の基礎となるでしょう。

腸で健康が決まってくる

健康や体調のよい・悪いは腸内環境で決まってきます。腸内環境が悪化しているときの特徴は、体重がどんどん増えていく、肌が安定せずニキビなどが慢性的に発生する、睡眠の質が悪くて朝の気分が悪い、などがあります。いずれにせよ体調や肌状態に異変があると感じた場合は、腸内環境に問題がある可能性を疑いましょう。腸を元気にするためには、お腹を温めていくことも必要なので、体を冷やす食べ物は避けたほうがいいでしょう。アミノ酸が不足すると燃焼力が低下するので、燃焼力を上げるためにサプリやドリンクで補給するといいです。お茶やコーヒーなどを飲むときも、コールドよりもホットが好ましいです。夏場は冷たい飲み物を摂ることが多くなり、意外にもお腹が冷えやすい季節なので特に注意が必要でしょう。